22
12月
Posted by move_staff

 

 

 

お久しぶりです。

技術を開発する課、略して技術開発課の田島です。

 

日夜、映像技術を研究している技術開発課ですが、

今回なんと、東京ビッグサイトで4年ぶりにリアル開催となった

「Adobe MAX Japan 2023」に参加してきました。

 

写真①

 

Adobe MAX Japanとは、

クリエイティブのトレンド、第一線で活躍するクリエイターのアイデアやテクニック

Adobeソフトの最新機能やワークフローを知ることができる

日本最大級のクリエイティブイベントです。

今年はなんといっても「AI」が話題となりましたね。

扱うテーマもAIがとても多かったです。

 

写真④

 

ド派手なオープニングから始まり、Adobeの提供する新AI技術を見て大興奮。

 

写真③

 

様々な登壇者が自身の分野での考え方を解説してくださるので

血気盛んな課員は己の知識欲を満たすため、すぐさま散開しました。

 

 写真②

 

私は実際に「Adobe Firefly 2」という画像生成AIを使ってみました。

 

写真⑤

 

「大きなチャペル 中央に佇む新郎新婦 後ろ姿」と入力してみると

 

写真⑥

 

なんとまるで写真のような画像が生成され、しかもパターンまで出してくれました。

非常に精度が高く、商用利用も可能なため、利用する企業が増えてきています。

まだまだ映像生成の技術は発展中ですが、ないわけではありません。

今後のAIの進化に注目ですね。

 

そしてAIとの向き合い方についてのセッションを受講。

 

写真⑦

 

AIが話題になり始めたころ、

「AIに奪われる仕事」のような記事が多く出ていました。

しかし、目の敵のようにするのではなく

利用できるものは上手く利用することで身に着けた経験・知識・技術と

掛け合わさり、新しいモノ・コトに繋がっていきます。

この思考を維持し続けられるものが「プロフェッショナル」と言えるのではないのでしょうか。

 

なんてこと考えながら後輩と写真を撮り

 

写真⑧

 

Adobeユーザーなら喜ぶ戦利品を見てニヤニヤする充実した1日でした。

 

写真⑨

 

写真⑩

 

 

 

LINEで送る
Pocket